HOME > Vivaおかざき!!とは

◇活動理念

Vivaおかざき!!は以下のビジョン・ミッションを持って活動しています。

Vivaビジョン〜私たちが目指す社会〜

「日本人」や「外国人」という区別なく、同じ地域に暮らす一員として国籍の壁を越えて助け合っていける関係があり   誰もが自分の挑戦したいことができるワクワクする社会。

Vivaミッション〜私たちが果たす使命〜

日本人住民と外国人住民がお互いのことを知り、理解し、受け入れていける「多文化共生」の入口となる。

◇設立年月日 2010年9月23日


◇組織概要

代表挨拶

 岡崎市には、約1万人の外国人の方が暮らしています。多くの方は滞在の長期化で、「出稼ぎ」から「永住」に指向が変化してきました。それに伴い、外国人の抱える問題も、近所づきあいから子どもの教育・就労、高齢者福祉など多様化してきています。一方で、日本社会は、高齢化の中で地域を支える若者・企業の労働力が不足していく状況にあり、岡崎市も高齢化社会に突入しています。つまり、「日本人と外国人が共生できなければ地域社会が継続していかない」時代になっているのです。

 そこで、国籍や文化の壁を越えて誰もが「住んでよかったViva(=バンザイ)おかざき」と思える地域社会を目指して2010年9月23日に「Vivaおかざき!!」を立ち上げました。外国人住民への情報提供や、地域の日本人と外国人の交流の場づくりを積極的におこなっています。

 地域に暮らす外国人で、日本人のみなさんの助けを求めていたり、友達になりたいと思っている方は多くいます。同じ地域暮らす仲間として日常生活の中ではもちろん、災害時などの緊急時には、人と人の繋がりが重要になってきます。

 「いきなり何て声をかけていいか分からないし、言葉が分からないから…」と不安に思うかもしれません。その一歩を踏み出す場所・キッカケとして「Vivaおかざき!!」があります。私たちの活動を通して、1人でも多くの方が、言葉・国籍を超えた繋がりが持てるように活動していきたいと思っています。

スタッフ紹介

 代表 長尾 晴香(写真中央)
 理事 岸本 サンドラ(写真右)
 理事 鈴木 美帆(写真左)
 幹事 黒川 市郎


▲ページトップに戻る